お問い合わせはこちら 制作事例依頼
公開日 2021年09月12日  更新日 2021年09月10日

リスティング広告の費用相場はいくら?広告費用と広告会社依頼時の代行費用をご紹介
リスティング広告を運用する前に決めなければならないのが、広告費です。また、運用を代行依頼する際には、運用依頼費用が必要となります。多くの中小企業、運用代行も一緒に依頼することがほとんどで、広告費と運用代行費用の2つを考えなければなりません。多くのリスティング広告代理店は、広告費用の20%で、広告費が25万円以下だと5万円固定です。つまり、最低でも5万円の運用代行費用が目安と考えましょう。ここでは、よりリスティング広告の費用相場について理解していただくために、リスティング広告運用に必要な広告費や、広告費用の相場について簡単にご紹介いたします。

リスティング広告の運用に掛かる費用一覧

まずは、リスティング広告の運用に掛かる費用一覧をざっくりご紹介いたします。

広告費

リスティング広告出稿に必要な広告費です。広告費は企業によって異なるため、「いくらがベストなのか」というのは決まっていません。しかし、広告費は多ければ多いほど良いというのは間違いありませんので、出来る限り用意しましょう。

広告費の相場についてはこちら

運用代行費用【自社運用なら0円】

運用代行費用は代理店によって異なりますが、多くの代理店は広告費の20%を運用代行費用として設定しています。珍しい代理店だと、手数料が20%以下だったり、定額型で費用を設定している場合があるので、いくつかの代理店へ相談してみましょう。自社でリスティング広告を運用する場合は、もちろん運用代行費用はゼロですが、知識面や運用経験を考慮すると、専門家に任せるのが一番良い選択だと考えられます。

運用代行費用の相場についてはこちら

ランディングページ作成費用

ランディングページとは、リスティング広告に使用する一枚物のページのことです。HPやECサイトとは異なり、1つの商品やサービスに焦点を当てて、ページ作成するため、売ることに特化したページと思っていただくと良いかと思います。リスティング広告運用するにあたって、ランディングページ作成が必要であることを知らなかったという企業様は多いです。そのため、「妥協して既存のページを利用してリスティング広告を運用してみる」という手段を取られる場合がありますが、弊社としてはあまりおすすめいたしません。というのも、既存のページだと、ユーザーが求める情報が載っていなかったり、ユーザーが求めている商品以外の商品が載せられていると、コンバージョンに繋がらないことがあるからです。また、リスティング広告を運用する際に、品質ランクという広告の品質を評価するシステムがあります。品質ランクが低いと、1クリックあたりの単価が高くなったり、最悪あまり広告が表示されないという事態が発生します。ランディングページの内容は品質ランクに大きく影響しますので、リスティング広告を運用するのであれば、商品・サービス専用のページを新しく作成することをおすすめいたします。

ランディングページ作成費用の相場についてはこちら

リスティング広告の広告費用相場

ここでは、リスティング広告運用に必要な広告費について解説いたします。

一般的な広告費用は10~30万円

中小企業がリスティング広告を運用する場合、多くの場合は10万円~30万円の広告費を設定することがほとんどです。大手のように数百万単位、数千万単位で広告費を用意することは難しいという理由と、広告の効果をしっかり受けるためには最低でも10万円~30万円は欲しいといった点からこの広告費になりやすいです。

しかし、あくまでも10万円~30万円が多いというだけで、推奨値ではありません。可能であれば、広告費は多ければ多いほど良いというのが真実です。

というのも、リスティング広告は1日の予算を設定し、まんべんなく予算を消化していくのですが、予算が少ないほど1日にかけれる広告費が少なくなり、すぐに広告が1日の予算に到達し、停止されることがあります。

■10万、20万、30万を1ヶ月(30日と31日)で割った際の1日の予算

  • ・10万円:3,255円~3,333円
  • ・20万円:6,451円~6,666円
  • ・30万円:9,677円~10,000円

午前中に1日の予算を消化しきって、午後には広告が表示されないといったことが起こるため、広告費は出来れば多ければ多いほど良いです。

広告費用の決め方は目標コンバージョン数から決める

広告費用の決め方は目標コンバージョン数から決めるという方法があります。コンバージョンとは、簡単に言うとお問い合わせ、見積依頼、商品購入などの回数で、企業によってコンバージョンの定義が異なります。ECサイトであれば、商品購入がコンバージョンとなりますし、私たちのようなECサイト制作会社やリスティング広告運用代理店では、お問い合わせや見積依頼がコンバージョンとなります。

ECサイトの商品購入がコンバージョンの場合、「単価5,000円の商品を50個売る」という目標を立てると、必要な広告費は以下の通りになります。

・5000円×50個=250,000円

その他にも広告費の決め方はあるので、詳しく知りたい方は、「【プロが完全解説】リスティング広告の5つの費用計算方法をご紹介」の記事をご覧ください。

リスティング広告の広告運用代行費用相場

次にリスティング広告運用代行会社へ依頼する際の費用相場をご紹介いたします。

一般的な広告運用代行費用は5万円 or 広告費の20%

一般的な広告運用代行費用は5万円 or 広告費の20%です。代行費用が5万が最低ラインなので、広告費25万円以下は固定で月額5万円が掛かります。25万円からは広告費の20%となります。代理店会社によっては、500万円以上は代行費用が広告費の15%~10%となる場合もあります。

広告運用代行費用が10%、15%の代理店も存在するが少数

リスティング広告運用代行費用が10%、15%の代理店も存在しますが、非常に少数です。また、代行費用の安い場合、広告費の最低金額が設けられていたり、他の場所で費用が必要になる場合があるので、注意しましょう。

区分分けによって固定費で代行している場合もあり

こちらも非常に少数ではありますが、どの広告費でも固定費で代行している代理店もあります。広告費の金額によっていくつか区分分けしており、その区分によって固定費が変化します。代理店によって固定費額は異なるため、HPをみて確認しましょう。

成果報酬型の代理店も存在する

成果に応じて金額が決まる料金体系です。成果がない限り費用はゼロですが、リスティング広告の成果というのが、お問い合わせや見積りの場合、受注に繋がらない問い合わせや見積り依頼が来ても、成果とみなされるため余計に費用が掛かることがあります。

ランディングページ作成の相場は10万円~50万円

ランディングページ作成の相場は10万円~50万円です。作成費用に振れ幅がある理由としては以下の理由が挙げられます。

  • ①依頼先がフリーランスか企業なのかで費用が異なる
  • ②デザイン・テキスト作成・コーディング・企画のいずれか、もしくは全てを依頼するかどうかで費用が異なる
  • ③ページの長さ(ボリューム)によって費用が異なる
  • ④納期に余裕があるかないかによって費用が異なる

上記のうち、特に費用を左右するのが①と②です。①はフリーランスなら安くなるしそっちの方が良いと考えてしまいますが、品質、連絡スピード、責任感、制作管理などの点で不安がありますし、最悪音信不通になる場合もあります。もちろん、企業レベルで良いランディングページを作成してくれるフリーランスもいますが、見つけるのはなかなか難しいでしょう。

②に関して言えば、ページを形にするコーディング作業のみを依頼する場合は10万円くらいで済む場合が多いです。そのため、デザインは自社、もしくは他社に依頼するという流れになりますが、制作会社であれば、コーディングとデザインセットでできるので、分けると余計費用が掛かることが多いです。一緒に依頼するようにしましょう。

ランディングページの作成費用に関しては、「ランディングページの制作費用の相場はいくら?制作会社がお答えいたします!」でより詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

まとめ:リスティング広告の費用相場より自社の予算から成果が得られるか考えよう

いかがでしたでしょうか。リスティング広告を運用するにも、「広告費」「運用代行費用」「ランディングページ作成費用」がかかります。それぞれの費用を考慮した予算取りを行い、計画を立てていきましょう。PULL-NETでは、リスティング広告運用代行とランディングページ制作を得意としている企業です。もし、リスティング広告運用をご検討の際はぜひご相談下さい。

PULL-NETにリスティング広告運用について相談する
PULL-NETのリスティング広告運用サービス詳細はこちら