お問い合わせはこちら 制作事例依頼
公開日 2022年04月18日  更新日 2022年04月25日

【事業者向け】ECサイトのリニューアルの虎の巻

【事業者向け】ECサイトのリニューアルの虎の巻

本記事ではECサイトのリニューアルについて詳しく紹介いたします。

ECサイトのリニューアルの流れ

ECサイトのリニューアルの流れは以下の通りです。

現状の課題を洗い出す

現状のサイトの課題を洗い出すところから始めましょう。「とりあえず、リニューアルをしないといけない」という気持ちで動くと、意味のないリニューアルをしてしまいます。まずは、現状の課題が何か?という部分を洗い出しましょう。

課題を基にリニューアルの目的を決める

課題を洗い出せたら、リニューアルの目的を決めます。リニューアルの目的の一部として課題の解決を入れましょう。ただ、リニューアルが全てを解決できるとは限らないため、広い視野を持って目的達成に向けて動いていきましょう。

制作会社を探し、決定する

次に、制作会社を探します。特にECサイト制作に知見と豊富な実績があるECサイト制作会社を探すことをおすすめいたします。探し方は、アイミツやECのミカタを通して探す場合と、「ECサイト制作」「ECサイト制作 地域名」などで調べて数社問い合わせていきましょう。 打ち合わせ時には洗い出した課題について、そしてリニューアルの目的を伝えましょう。そこからは制作会社からどういうふうにリニューアルを行えば、課題解決と目的達成が行えるかを提案してもらいます。 見積りと提案内容を貰えれば、制作会社を選定し、依頼先を決定します。

ECサイト制作開始!

ついにECサイト制作開始です。制作については基本的には制作会社にお任せしても良いです。しかし、丸投げではなく、どういったデザインが良いのか、どういう機能が欲しいのかなどは改めてすり合わせを行いましょう。 「プロだから全て任せます」というのはリニューアル失敗の原因です。制作会社からしたら完璧な納品物でも、事業者からすると完璧ではないということはあります。これは制作会社が悪いというわけではなく、事業者もコミュニケーションを密に取らなかったゆえに起こす認識不足が原因です。 制作会社は制作のプロではありますが、希望や要望は事業者によっては様々ですので、しっかりコミュニケーション取ってお互い協力し合って制作していくようにしましょう。

テスト環境で動作確認

デザイン確認、コーディングが完了すれば、テストサーバーを使って実際にウェブ上で正しく表示されるのか、正しく動作するのかを確認します。テスト環境で修正点があれば、制作会社に修正依頼を行います。

本番環境に反映~検収

最後に本番環境への反映を行います。テスト環境で問題なければ基本的にはスムーズに終わります。事業者が最終の検収を行い問題なければ、納品完了です。多くの制作会社は納品後2週間以内であれば無償修正と決めているので、2週間の間にしっかり確認しておきましょう。

ECサイトをリニューアルの費用相場

ECサイトのリニューアルの費用相場ですが、サイト規模によるため明確ではありませんが、150万~と考えておきましょう。商品数やリニューアル時に新たに付け加える機能などがあれば、より高くなっていきます。 また、リニューアルだから新規作成よりも安いと考えてしまうかもしれません。しかし。ゼロからECサイトを制作する場合と費用感あまり変わりません。新しくデザインし、新しいデザインをコーディングし、反映するという流れは新規制作でも一緒だからです。 下記記事にECサイトの費用相場について紹介しているので、ぜひご覧ください。

関連記事
ECサイト立ち上げの費用相場はいくら?各構築方法に基づいて平均相場をご紹介!

ECサイトのリニューアルを検討するタイミング

ECサイトのリニューアルを何となく行おうとしていませんか?リニューアルにも検討するタイミングというのは存在します。概ね以下の理由でECサイトリニューアル場合が多いため、参考にしてください。

・デザインやシステムが古い(ユーザビリティが低い)
・アクセスや問い合わせが少ない
・商品増加によって複雑なサイトになった
・事業拡大による機能不足

ECサイト制作会社の選び方

ECサイトのリニューアルが決まれば、ECサイト制作会社探しをしなければなりません。しかし、どのECサイト制作会社か良いか分からないという疑問をお持ちかもしれません。ここでは、ECサイト制作会社の選び方をご紹介いたします。

ECサイト制作の実績は十分か

まずはECサイト制作の実績は十分かどうかを確認しましょう。ECサイトの制作方法はオープンソースを使った制作、ASPを使った制作など様々です。自社で使用しているショッピングカートシステムをそのままでリニューアルする場合は、そのカートシステムでの構築実績もあるかも確認しましょう。

予算内に収まる制作費用か

リニューアル予算以上の制作費用が掛かりそうなら、別の制作会社を選びましょう。基本的には予算以内で収めるように制作会社も見積もりを提出してくれるとは思います。ただ、予算に収まったからといって理想のECサイトが100%出来るとは限りません。見積以外にもECサイト制作の提案内容も確認しておくことも大切です。

提案内容は適切か

予算内に収まらない場合、どのページが必要で、どのようにして制作すれば予算内に収まるのか通常であれば提案をもらえます。その提案内容が適切かどうかも確認しましょう。

ECサイトリニューアル時に気を付けたいこと

ECサイトリニューアルの依頼先が決まれば、以下のことを気を付けましょう。

ECサイト制作会社に制作を任せっきりにしない

前述でも少しお話ししましたが、ECサイト制作会社に制作を丸投げしないということです。「プロだから全てお任せします」というのは失敗の原因です。面倒、分からないということでコミュニケーションを避けたいのは分かりますが、理想のECサイトリニューアルをしたいのであれば、しっかりコミュニケーションを取りましょう。

分からないことは制作会社に質問して疑問を解消する

Web分野では横文字や専門用語をよく出てきます。分からないことを分からないまま進めると制作物を見て思っていたのと違うかったなどの問題が起きます。分からないことは分からないと素直に伝えて、教えてもらえるようにしましょう。

100%希望通りになるとは限らないと知っておく

予算が潤沢であれば、100%希望通りのリニューアルができますが、十分に予算を確保できないという企業様は多いです。そのため、リニューアル費用と予算にギャップがあるため、そんなにするとは思っていなかったとおっしゃる方もいます。それでもリニューアルを進めないといけないので、制作会社から予算内に収まるように提案はさせていただきますが、全てのご要望や希望を叶えられるとは限りません。その点は留意しておく必要があります。

納品後の確認作業を怠らない

「納品されたからそれで完了!」と安心してはいけません。制作会社も念のため納品前に確認しておりますが、やはり特別な条件で動作しないなどの問題を後になって発生する場合はあります。こういった問題を出来るだけ早めに見つけて修正対応期間内に修正依頼するようにしましょう。

リニューアルが全ての課題を解決する手段ではない

「ECサイトをリニューアルしたし、課題はすべて解決できるだろう」と安心しているかもしれません。しかし、リニューアルが全ての課題を解決してくれる万能薬ではありません。リニューアル後の運営も課題解決に必要になることもあるので、リニューアル後の運営を考えましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ECサイトのリニューアルで課題を出来るだけ洗い出し、リニューアルで課題を解決していきましょう。また、ECサイトのリニューアルの流れを確認し、適切なECサイト制作会社を選びましょう。 PULL-NETでは、ECサイト制作を得意としている制作会社です。ECサイトの制作実績も多数ありますので、ご相談いただけましたら制作実績をお見せいたします。 予算内で最適なECサイトリニューアルができるようにご提案いたしますので、ぜひお気軽にご相談下さい。 PULL-NETのECサイト制作サービスページを見る PULL-NETにECサイトリニューアルを相談する