お問い合わせはこちら 制作事例依頼
公開日 2021年09月06日  更新日 2021年09月03日

ECサイトのブランディングのポイントとは?ブランディングを成功させる秘訣を解説!

ECサイトのブランディングのポイントとは?ブランディングを成功させる秘訣を解説!
ECサイト運営していき、成功するにはブランディング活動も重要です。消費者が商品対して求めているのは、低価格、高品質な商品ではありますが、そればかり追い求めると薄利多売になってしまい、利益がなかなか確保できません。このような状態を脱却にするには、やはりブランディングが重要となります。今回は、ECサイトのブランディングについて詳しく解説いたします。

ECサイトのブランディングとは

ブランディングとは、自社のブランドを形作るための活動のことを意味します。「ユニクロ」と言えば、赤色で服などを取り扱っているや、「マツキヨ」と言えば薬局といったような状態にするのもブランディングの目的です。ECサイトでブランディングが成功すると、「服を買う」という目的を持った消費者は、まずそのブランドに気に入る服があるかどうかを探そうとします。なければ他のECサイトで探すという行動を移しますが、まずはじめに自社のブランドから探してくれるため、あらかじめニーズを調査しておき商品を取り揃えておくだけで、簡単に服が売れるようになります。もちろん、理論上での話ですので、上手くいかないこともありますが、ECサイトのブランディングが出来ていれば、継続的に安定した売上を作ることができます。

ECサイトのブランディングの効果

ブランディングの効果は以下の通りです。

売上の増加&LTVの向上

ブランドが有名であれば、ブランドが好きな消費者や、ブランドを認知している消費者から、「このブランドだから」という理由で商品を購入してくれることがあります。また、ファンになってくれれば、継続的に商品を購入してくれるためLTVが向上します。SNSの活用でファンが新しいファンを作ることもあるため、ブランディングは非常に重要となります。

他社との差別化が容易になる

商品の価格、素材、品質が類似している商品が存在している場合、商品の差別化するには非常に難しいです。しかし、ブランディングを行っておけば簡単に差別化ができます。

価格競争から脱却できる

ブランディングが成功すれば、価格競争から脱却できるというメリットがあります。ブランディングが出来ていないと、自社の商品を他社の商品より魅力的にするには、低価格の商品を作り出さなければならず、価格競争に陥ります。価格競争に陥ると、商品のクオリティが下がるため、ファンの獲得もできず、最終的に長く続かずに商売を辞めなければなりません。価格競争に陥らないためにも、ECサイトのブランディングは必須です。価格以外での商品の価値づけを行うことで、ファン獲得を行い、自社ECサイトの価値を見出してくれる顧客が増え、ブランドでの訴求が出来、ファン獲得が可能となります。

人材の獲得

ブランディングによって商品や企業の信頼感を高めることができ、優秀な人材を多く獲得できるようになります。単純な話ではありますが、ブランドが有名かどうかで自社へ応募してくれる求職者数が増えます。また、ブランドのファンであれば、強い想いを持った求職者も増えます。ブランディングすることで、副次的ではありますが、優秀な人材の獲得が可能となり、長期的な視点で売上拡大に繋がるため、ブランディングはやっておかなければなりません。

ECサイトのブランディング成功のポイント【理論】

ここでは、ECサイトのブランディングを成功させるポイント【理論】をご紹介いたします。

「PEST分析」や「3C分析」による環境分析

ブランディングをするには環境分析をしなければなりません。環境分析とは、企業を取り巻く内部・外部の経営環境を分析することで、 競合を制するためには、的確な環境分析が欠かせません。環境分析には、「PEST分析」や「3C分析」があります。「PEST分析」は政治的要因・社会的要因・経済的要因・技術的要因が自社にプラス、マイナスどちらに働くのかを整理することです。「3C分析」は自社(Company)・顧客(Customer)・競合他社(Competitor)という3つの要素を整理し、事業を発展させるチャンスがどこに潜んでいるのかを分析します。「PEST分析」や「3C分析」を行うことで、狙うべき市場を細分化し、見込み顧客を決定します。このような環境分析することで、競合他社との差別化戦略を練っていきます。

ブランドアイデンティティを決める

ブランドアイデンティティは、顧客となるペルソナに対して自社がどのように認知されたいかどうかを定めます。ブランドアイデンティティがペルソナに対してどのような価値を提供できるのか、自社の強みや長所を洗い出して整理していきます。ブランドアイデンティティを決めるにも先ほどご紹介した「3C分析」を振り返り、整合性をチェックしましょう。

4P分析による具体化・実施

「4P分析」とは、製品(Product)・価格(Price)・告知(Promotion)・流通(Place)の4つの側面から自社の製品を整理・分析することです。「4P分析」でどのような成果や業績を獲得していくかを決めていきます。ブランドカラー、ブランドイメージ、ロゴの決定、キャッチコピーの決定をしていきます。これらを決める際は統一感は非常に重要となります。ブランドカラーが赤色なのに、ロゴが青色だとブランドカラーが定まりません。消費者にブランドについて理解しやすいようにしましょう。

ECサイトのブランディング成功のポイント【実施すべきこと】

理論でのブランディング成功のポイントを解説しましたので、ここでは、実際に実施すべきことを簡単に解説いたします。

SNSや広告を活用したブランド構築を長期間行う

ただ商品を販売しているだけではブランディングは成功できません。まずは多くの消費者に認知してもらわなければならないため、SNSや広告を活用してブランド認知を広げる必要があります。ブランドを認知してもらうには、長期的な視点で継続的に行わなければなりません。1年~5年の長い時間をかけてブランド構築していくことで、ブランディングがされていきます。

商品の質を高める

ブランディングを行っても商品の質が低ければ、良い意味でのブランディングが出来ません。悪評が流れる可能性があるのと、ファンが出来ないため商品の質が高いことは必須条件です。

口コミ効果を高める

口コミ効果はブランディングにも役に立ちます。はじめて商品を購入した消費者がSNSやオフラインで口コミを広げることで、新たな消費者がそのブランドの商品を購入し、また口コミが広がるという連鎖を作れます。口コミ効果を高めるには、口コミをすることでお得になるキャンペーンの実施や、口コミをすることで抽選でプレゼントをするといった施策を打つことができます。

独自コンテンツによってファンを作る

独自コンテンツを発信することでファンを作ることもできます。例えば、服の通販であれば、身長、体重を明記したモデルをサイズ別で用意し、服のサイズ感を伝えることで手に取って確認できないというECサイトのデメリットをカバーし、消費者がその服を着た際のイメージを持たせることができます。「服を買ったあとに失敗した」という経験を防ぐために、このようにサイズ感を伝えることは、消費者の悩み解決に繋がり、購買へと繋がります。このように、販売商品に対する消費者の悩みを徹底的にリサーチし、独自コンテンツを作っていきましょう。

まとめ:ECサイトのブランディングは長期的な施策で実現しよう

いかがでしたでしょうか。ECサイトのブランディングは非常に難しいですが、しっかり環境分析を行い、行動していくことで確実にブランド構築していけます。長期的な戦略を持ち、日々の活動がブランド構築に繋がります。少しずつですが実施していきましょう。