お問い合わせはこちら 制作事例依頼
公開日 2021年05月03日  更新日 2021年07月12日

【商品撮影のコスト】相場価格や大阪のおすすめ撮影代行について

商品撮影代行アイキャッチ画像
商品撮影を検討されている方の中には、どのようなポイントがコストに関係するのかを、知りたいと思っている方がいるでしょう。また、依頼時には会社側に伝えるべきポイントがいくつかあります。

そこでこの記事では、商品撮影のコストに影響を及ぼすポイントや、伝えるべきポイントについて解説します。記事後半部分では、大阪でおすすめの撮影代行についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

商品撮影のコストに影響するポイント

商品撮影のコストには、様々なポイントが関係しています。主に、作業工程とカメラマンの質、撮影に伴う費用の3つです。
ここからは、それぞれの工程について詳しく解説します。

撮影から納品までの作業工程

商品撮影から写真の納品までには、様々な作業工程があります。ただ写真を撮るだけでなく、より綺麗に見えるように工夫したり、撮影データを加工したりすることがあるのです。

ただし、業者によって工程の内容は違います。同じ料金だからといって、工程が同じかどうかは分からないため、事前に確認するのがおすすめです。
なお、必要ないと感じる工程を省くことで、コストを抑えられる可能性があります。

カメラマンの質

カメラマンの質も、コストに大きな影響を与えます。高い技術や豊富な経験を持つカメラマンほど、価格は上がるでしょう。
カメラマンは、業者側が決定することもありますし、依頼者が選べることもあります。

依頼者が選択する場合は、予算とのバランスを考えて選ぶことが大切です。選ぶ基準が分からなければ、過去の作品を見せてもらって判断しましょう。

機材費や人件費など写真撮影に伴う費用

写真撮影自体にも、様々な費用がかかります。たとえば、使用する機材にかかる費用や、アシスタント・スタイリストなどにかかる人件費などです。

また撮影料金は、カメラマンが稼働する時間に対する時給制のケースと、撮影枚数に対する料金が設定されるケースに分かれています。依頼する業者がどちらの制度で料金を設定しているのか、事前に確認しましょう。

関連記事
商品撮影にかかるコストをすべてお話します!大阪でおすすめの商品撮影会社もご紹介!

商品撮影を失敗させない、依頼の時のポイント

プロに商品撮影を依頼するのであれば、失敗したくないと考える方がほとんどでしょう。撮影を成功させるためには、依頼時に伝えるべきポイントがあります。
ここからは、その6つのポイントについてご説明します。

ポイント①被写体を明確に伝える

撮影代行の業者は、あらゆる被写体の撮影に対応しています。たとえば、商品や食品などを撮影する「物撮り」もあれば、人間が被写体になることもあるでしょう。

被写体によって、使用する機材やライティング方法はことなるため、何を撮影してほしいのかを明確に伝えてください。
カテゴリだけでなく、色や形状、大きさまで詳細に伝えましょう。

また、カメラマンには得意不得意があるため、事前に情報を共有することで、最適なカメラマンを手配してもらえます。

ポイント②写真の使用方法を伝える

撮影した写真を、どのように使用するのか伝えることも大切です。たとえば、商品のパッケージに使う写真と、ホームページで小さく載せる写真では、求められるクオリティがことなります。

より目立つ場所に使用する写真であれば、機材やセットを多数用意して、細部にまでこだわる必要があるのです。
事前に用途を伝えることで、撮影時に無駄がなくなるでしょう。

ポイント③必要なカット数と納期を伝える

必要なカット数と納期は、写真撮影のスケジュールに大きく関係します。カメラマンの手配や、スタジオの確保などに影響を及ぼすため、事前に明確に伝えてください。
スケジュールが迫っている場合は、カメラマンやアシスタントを複数人用意する必要があり、その分コストがかかる可能性があります。

また、屋外で撮影する場合は、天候に左右されることが考えられます。スケジュールどおりに進まないこともあるため、日程には余裕を持つのがおすすめです。

ポイント④予算と費用などの正確な見積もりを出す

撮影代行業者のホームページに、ある程度の予算が記載されていることがありますが、必ずしもそのとおりになるとは限りません。見積りを出した後に、全く違う金額になることがあるのです。なぜなら、被写体やカット数、納期などによってコストが変動するためです。

そこで、事前に撮影の詳細や予算などを伝えて、なるべく正確な見積りを出してもらいましょう。

ポイント⑤完成イメージの参考画像やラフの準備

商品撮影を依頼する場合、仕上がりのイメージを持っている方は少なくないでしょう。しかし、そのイメージを業者に伝えることは、簡単ではありません。

そこで、イメージに齟齬が生じないように、参考画像やラフを提供することをおすすめします。また、絶対に外したくないポイントやこだわりがあれば、一緒に伝えましょう。

ポイント⑥納品の形式や方法を事前に考えておく

近年の商品撮影は、撮影データを納品することが一般的です。そのため、ファイル形式やサイズなどを指定する必要があります。

しかし、ファイル形式に詳しくない方もいるでしょう。その場合は、事前に相談してみてください。用途を伝えておけば、推奨形式を教えてもらえます。

大阪でおすすめの撮影代行の会社一覧

ここからは、大阪でおすすめの撮影代行の会社をご紹介します。それぞれに特徴があるので、比較しながら検討してください。

株式会社PULL-NET

株式会社PULL-NETは、1,000件以上のウェブサイト制作での撮影実績があります。美味しそうに見える食品系や、商品の魅力を伝える美容系、社内の様子を分かる会社案内など、様々な撮影に対応しています。

撮影スペースは社内に完備。さらに、出張撮影やモデルの手配にも対応しています。商品ページの作成も依頼できるため、ウェブページの作成を検討している方には特におすすめです。

PULL-NETの商品撮影サービス詳細はこちら

LUZZ STUDIO

LUZZ STUDIOは、自然光撮影を得意としている会社です。窓からはたくさんの自然光が入り、自然な明るさの写真を撮影できます。

また、カメラマンによる撮影プランや、モデル・スタイリストなどを手配するディレクションサービスなどもあります。
スタジオや機材だけを借りたい方でも、プロに撮影を依頼したい方でも利用可能です。

大阪本町撮影スタジオ |LUZZ STUDIO (ラズスタジオ)

商品撮影 studio piece

商品撮影 studio pieceは、ネットショップ用に特化した会社です。雑貨やバッグ、アクセサリーやアパレルなどを、商品の魅力が伝わるように撮影してもらえます。

撮影前には丁寧な打ち合わせがあり、しっかりとコミュニケーションがとれて安心。打ち合わせの時間が取れない場合は、全て任せることも可能です。

商品撮影サービス Studio Piece(スタジオピース)

まとめ

撮影代行を依頼する場合は、作業工程やカメラマンの質、撮影自体にかかる費用を意識して予算を立てましょう。予算内に納めつつ、高クオリティな写真撮影ができるように、しっかりと打ち合わせをすることが大切です。
打ち合わせの際には、被写体や用途、カット数や完成イメージなどを伝えてください。そうすることで、スムーズで理想どおりの写真が仕上がるでしょう。

PULL-NETでは、ECサイト・ネットショップ制作・構築を得意としているホームページ制作会社でございます。ECサイト・ネットショップを初めて開設される際、必要なものはサイトだけではなく、商品撮影や商品登録なども必要となります。しかし、はじめての方は何をしたらいいのかわからないという方も多いかと思われます。PULL-NETでは創業15年以上、1,000件以上の実績から得た経験とノウハウであなたのECサイト・ネットショップ開設をお手伝いいたします。ぜひPULL-NETへご相談下さい。

お問い合わせはこちら

PULL-NETのECサイト・ネットショップ制作の詳細はこちら

関連記事
通販用の商品を上手に撮影するための3つの方法と4つのコツとは?
撮影用レンタルスタジオの種類や主な設備、選び方などをご紹介!