お問い合わせはこちら 制作事例依頼
公開日 2021年09月21日  更新日 2021年09月24日

Instagram広告には何種類のターゲティングがある?効果的な使い方も解説!
Instagram広告にはどのようなターゲティング方法があるのか?と疑問をお持ちかもしれません。Instagram広告のターゲティングには「コアオーディエンス」「インタレストターゲティング」「カスタムオーディエンス」「類似オーディエンス」があり、Facebook広告と同様にターゲティングができます。ターゲティング設定も細かく設定できるため、商品・サービス内容に合わせて絞った広告出稿が可能です。それでは、さらに詳しくInstagram広告のターゲティングの種類についてご紹介いたします。

Instagram広告のターゲティングの種類について

Instagram広告のターゲティングの種類は、以下の4つです。

コアオーディエンス

コアオーディエンスとは、位置情報やユーザーデータ、興味関心などの条件でターゲティング層を指定し、広告配信のターゲットを絞り込む手法です。ユーザーがアカウント作成時に登録しているデータを基に広告配信ルールを設定しているため、精度の高いターゲティングが可能です。コアオーディエンスできる設定配下の通りです。

  • ・位置情報…広告配信したい地域を絞ることができる
  • ・利用者データ…年齢、性別、学歴、役職などの情報を基づいてターゲティングする
  • ・つながり…繋がっている人をターゲティングに含めることができます。
  • ・興味、関心…興味・関心に基づいてターゲティング設定をします
  • ・行動…過去の行動履歴からターゲティングを行います

コアオーディエンスは、Facebookの情報を基にターゲティングを行っていることから、InstagramとFacebookを連携していないアカウントに関しては、その他の要素から類推してターゲティングされています。

インタレストターゲティング

インタレストターゲティングとは、「コアオーディエンス」の一部ではありますが、興味・関心をベースとしたターゲティング手法です。Instagram利用者がいいねを行った行動データやスマホの利用状況を見て、「興味・関心」「行動」の2点から利用者を分類します。

具体的には、以下のようなデータを基に分類しています。

  • ・フォロー中のアカウント
  • ・使用中のハッシュタグ
  • ・検索をかけたワード
  • ・「いいね!」やコメントを行った投稿
  • ・ゲームのジャンル
  • ・好きなアプリやFacebookのページ
  • ・位置情報
  • ・端末情報…OSやOSバージョン、携帯端末の機種、利用ブラウザなど
  • ・Wi-Fi接続環境

カスタムオーディエンス

カスタムオーディエンスとは、自社の顧客や接点を持っている利用者のデータを活用し、広告を配信する方法です。オーディエンス(ターゲティング)を「カスタム」するということなので、オリジナルのターゲティング設定ができます。

例えば、以下のようなカスタムオーディエンスの作成ができます。

  • ・ウェブサイトカスタムオーディエンス
  • ・モバイルアプリカスタムオーディエンス
  • ・エンゲージメントカスタムオーディエンス
  • ・カスタマーリストに基づくカスタムオーディエンス

ウェブサイトカスタムオーディエンスは、自社サイトに訪れたことのあるユーザーのみに絞ったり、除外できるターゲティングです。

モバイルアプリカスタムオーディエンスは、アプリをインストールした利用者が対象にして、広告配信を行うターゲティングです。

エンゲージメントカスタムオーディエンスは、動画の再生履歴など利用者の行動を対象にオーディエンスを作成できます。

カスタマーリストでは、ユーザーの電話番号やメールアドレス、利用者IDなどを登録して、その利用者に対してのみに配信するターゲティングです。カスタマーリストは、Facebookアカウントを有していること、さらにアップロードした情報と利用者の紐づけを行えることも前提となる点に注意しましょう。

類似オーディエンス

類似オーディエンスとは、Instagram利用者のフォロワーや興味・関心が似ているInstagram利用者に対してターゲティングを行うターゲティング設定です。成果のあったユーザーに類似しているInstagram利用者に広告配信するため、精度の高いリーチを可能とします。類似度を高さをある程度設定することができ、これを「類似オーディエンスのサイズを選択する」といい、1%~10%までで選択できます。1%だと、元のInstagram利用者に近いアカウントへ広告配信がされます。

Instagram広告のターゲティングについての注意点

Instagram広告のターゲティングを行う際の注意点として、ターゲティング設定を細かくし過ぎて、ターゲット層を絞りすぎないということです。ターゲットを絞りすぎると、他社との入札競争が激化し、CPC(クリック単価)やCPM(インプレッション単価)が高騰してしまいます。精度が高くなる分、費用も高騰します。

さらに、ターゲットを絞り込みすぎると広告をInstagram利用者の目に触れることも少なくなるため、本来であれば購入の可能性がある人にも広告が配信されないということも起きます。また、Instagram広告には自動最適化機能というものがあり、広告の配信回数が少ないと自動最適化にも影響が出てきます。はじめは大まかなターゲティングを行い、少しずつ効果のあるターゲット層に絞っていくのが良いでしょう。

まとめ

Instagram広告には、「コアオーディエンス」「インタレストターゲティング」「カスタムオーディエンス」「類似オーディエンス」のターゲティングの種類があります。これらのターゲティングを上手く活用し、Instagramからの集客を成功させましょう。