お問い合わせはこちら 制作事例依頼
公開日 2020年11月19日  更新日 2020年11月20日

重要!ECサイトにかかる費用AtoZ

重要!ECサイトにかかる費用AtoZ

ECサイト構築費用の見積もりを依頼する前に、
やっておくべきこと

ECサイト構築を依頼する場合、まず見積もりからスタートします。しかし、大まかなイメージだけで依頼してしまうと、必要項目と見積り金額が本当に適正かどうかの判断を誤ってしまうことも少なくありません。競合他社も多い中、確実な成果を上げるには、事前準備をどれだけ整えておけるかが成功の分かれ目。「何をやっておくべきなのか」を具体的に上げていきましょう。

販売したい商品およびサービスの確認

商品を直に見ることができないECサイトでの物販において、何を売るか、どんなサービスを提供できるかがとても重要になります。売りたい商品やサービスの適正を考慮確認して決定してください。

ペルソナ設計を行う

ECサイトのマーケティングにおいて、「ペルソナ」とは商品やサービスを利用・購買する顧客の中で最も象徴となる利用者の人物像のこと。年齢や性別、職業や居住地域、生活スタイルなど、詳細な条件のもと人物像を絞り込んでいきます。ペルソナ設計をおこなうことで、必ずその商品やサービスに興味を持つであろう「あなた」がクリアにイメージでき、顧客目線に立った明確なアプローチへとつなげることができます。

制作するECサイトのコンセプトを決める

次に必要なことはサイトのコンセプトを決めること。サイトデザインはもちろんそこに掲載する文章・写真等はすべてコンセプトをもとに作られます。コンセプトが明確でないと、工程に遅れが生じたり、求めるものとは違うサイトになってしまうことも。どんなイメージでどうアプローチしたいかをしっかりと決めておくことが大切です。

競合サイトを分析する

販売する商品、サービスが決まったら、あらかじめ競合サイトをリサーチ・分析しておくことも必要。これらの情報が独自のアプローチを生み出すアイデアソースにもなります。

商品の紹介画像や説明文の作成

制作会社に任せることもできますが、いずれにしてもより明確な画像イメージやライティングイメージをもっていれば、制作過程でコンセプトがズレることもありません。

ある程度の予算を決めておく

あらかじめサイト構築に割くことのできる予算をイメージしておくことも大切です。実際には、初期構築にかかる費用の他に月額の費用も出てきます。予算が膨れ上がることのないよう、大まかに決めた予算をベースに進めていくといいでしょう。

ECサイト作成にかかる費用

前項で、事前に必要なことのひとつとして「ある程度の予算を決めておく」がありました。しかし、ECサイトの種類や相場を知っていなければ適正な予算を組むこともできません。ここでは参考として、ECサイトの種類とその相場をご紹介します。

ASP型(費用相場:10〜100万円)

ASPとは業務用で使用しているアプリーケーションのソフトをネットワーク上で利用できるように提供してくれるサービスのこと。「カラーミーショップ」や「ショップサーブ」などが代表的なASPシステムです。モール型と異なり、店舗ごとの個性を生かしたECサイトを作成できるため、費用は抑えつつ独自でECサイトを構築してみたいという中小企業に好適なシステムと言えます。

オープンソース型(費用相場:100〜500万円)

プログラムのソースコードが公開されており、誰でも無料でECサイトを構築・再編できるシステム。代表的なものとして「E-CUBE」や「Magento」などがあります。自由にカスタマイズできるメリットはありますが、構築には専門的な知識が必要とされます。小規模だが完全オリジナルのECサイトを構築したい場合におすすめです。

パッケージ型(費用相場:500万円〜)

ECサイトの構築システムをパッケージ化した開発会社が販売しているコンテンツ。主なパッケージとして「SI Web Shopping」や「ecbeing」などがあります。EC構築に必要な機能がはじめから備わっているため、構築しやすいことが特徴。メイン事業として本格的にECサイトへの参画をめざす中〜大規模のサイト構築に適したシステムです。

モール型(費用相場:10万円以下)

ひとつのショッピングモールサイトに様々な店が出店しているタイプ。「Yahoo!ショッピング」や「楽天市場」などが代表的なモール型ECサイトです。低コストでECサイトを始めたい、または試験的に試してみたいという方にぴったりのシステムです。

フルスクラッチ型(費用相場:数千万円以上)

既存のシステムやアプリケーションを一切使用せず、すべてオリジナルのシステムをゼロから構築する方法。すべて独自で開発するため技術的な制限もなく、あらゆる要件に対応できます。大規模な完全オリジナルのECサイト構築を実現することができますが、初期費用として数千万円の投資が必要だと考えておいてください。

ECサイト構築の費用に関する注意点

前項でECサイトの種類と費用相場について紹介しました。最後に、実際にECサイト構築にかかる費用について注意しておく点をまとめます。

見積り金額が依頼内容にふさわしい信頼できるものであるかを見極める

ECサイトの構築を制作会社に依頼する場合、提案された費用が依頼内容に見合った金額であるかどうかを適切に判断できるよう、依頼主側がひとつひとつの項目内容をしっかりと把握しておくことが大切です。表面的な見積り金額だけで判断してしまうと、望んだものにならなかったり、最終的に金額が膨れ上がってしまったというトラブルを招きかねません。金額だけを見るのでなく、どのような内容で費用が算出されているかをしっかりとチェックすることが重要です。

「構築できたから終わり」ではなく、アップデートにも費用が発生する

どれだけ時間やコストをかけて完璧なシステムを構築しても、「現状ではセキュリティ対策が不十分」「新しいサービスや法令に対応できない」「システム自体が古くなってしまった」という状況に対応しなければならないことが必ず出てきます。そのためにも、数年単位でリニューアルやメンテナンスを行う必要があり、その費用が発生することも考えておいてください。

費用だけでなく、トータルな視野のもと条件をチェックする

ECサイトを始めるにあたって、かかる費用はもちろん重要ですが、その他の条件もあわせてチェックすることを忘れないでください。例えば「オープンソース型」「パッケージ型」「フルスクラッチ型」の場合、耐用年数は約3〜5年と考え、リニューアルやメンテナンスを組み込まなければなりませんし、システム構築から必要な「パッケージ型」「フルスクラッチ型」であれば、構築できるまでにかなりの時間がかかることも考慮しておかなければいけません。準備期間からオープン、その後の運用に至るまで全体像を把握した上で、ひとつひとつの項目を確認することが大切です。