お問い合わせはこちら 制作事例依頼
公開日 2017年06月19日  更新日 2020年11月20日

コンテンツマーケティングで繁盛ECショップを目指す

コンテンツマーケティングで繁盛ECショップを目指す

インターネットを通じての物販は年々拡大を続け、楽天やAmazonなどの大手はもちろん、中小も含めれば毎日数万点以上の商品が販売されています。

そのため以前にも増して、いかに自社サイトに集客するかがより重要になりました。SNSやリスティング広告もそのための方法ですが、最近は新たに「コンテンツマーケティング」という手法が注目を集めています。

今、注目のコンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティング」とは有益なコンテンツを提供し、それを通じて新たな顧客を獲得するマーケティングの手法です。女性向けのファッションを扱うショップであれば、コーディネイトや、実際にモデルに着せての着こなしの提案などが行えます。ただ商品を並べて買ってもらうのを持つのではなく、読ませる、見せることで情報を発信していくのです。

コンテンツを充実させ、ユーザーに有益な情報を届けることで、リピート率のアップが期待できます。他社よりも充実した情報発信がなされれば、顧客はほかを選ぶことなく自社のサイトを訪れてくれることでしょう。それがやがては、購入率のアップにつながります。商品ページだけで伝え切れなければ、ブログなどを通じて発信していくのも効果的です。

SEO対策としてのコンテンツ作り、記事

SEO対策としても、コンテンツ作りは大きく関わります。良質なコンテンツと低品質のコンテンツでは、集客に明らかな差が出てきます。良質なコンテンツとはただ単に見た目がいいものを指すのではなく、検索エンジンからキーワードでたどり着いたユーザーが求めている情報や、なぜその商品の購入を検討しているかを理解し、購入を決意するために役立つ情報があるか。

そのためには対策するSEOキーワードを明確にし、人はなぜそのキーワードで検索をかけたのかを広く想像し、ユーザーのニーズを探っていくことが必要です。 最近の検索エンジンは、上位表示の条件にコンテンツの優劣が加味されるようになっています。上位表示を得るためには、コンテンツ作りにも力を入れて取り組むべきなのです。

安心感とお店のファン化の促進

ネットショップのイメージアップにも、コンテンツ作りを有用に活用しましょう。魅力的かつ情報が充実したコンテンツを提供できれば、単なる顧客からファンになってくれる人も増えることでしょう。それが発展していけば、自社のブランディングを確立することもできます。 そのためには、お店のコンセプトを明確にすることも大事です。芯を持った店舗運営は、顧客に安心感を与えることにもつながります。

リピート率の向上

単なる顧客をファン化するために大事なのは、リピート率をアップさせること。そのためにも、有益なコンテンツ作りは欠かせません。
コンテンツ作りにおいて目指すのは、自社が取り扱う商品に関しては、他社以上の詳しい情報を届けること。有益な情報が得られて、納得したうえで商品が購入できるとあれば、そのサイトのリピート率は間違いなく上昇するでしょう。

こうして制作したコンテンツは、SNSやメルマガのネタとしても活用できます。リピーターを獲得するのにも、有効な手段なのです。