お問い合わせはこちら 制作事例依頼

SEO代行サービス

SEO対策について考えている方はこのようなことを
耳にされているのではないでしょうか?

検索で上位表示させるにはとにかくブログを書けばいい!
リンクをたくさん集めることが大事!
スマホ対応しておかないと検索順位が下がる…!

しかし
「コレさえやっておけば確実に上位表示する!」

と言えるようなものではありません。

Googleが検索結果のランキングを決める基準にしているアルゴリズム(算出方法)は、
頻繁に更新されており、また公開もされていません。

なぜこれらの「被リンク増」や「スマホ対応」などが重要となるのか

Googleユーザーの利便性の向上を図るためです

「ユーザーがGoogleの検索エンジンを使って、より早く、求めていた情報を入手できるか」
という考えのもとに、ユーザビリティを測る目安としてGoogleが設けた基準なのです。

つまりSEO対策をするための重要なポイントは、『コンテンツの質』

いかに、検索されたキーワードに対して、無駄のない真っ当な答えを提示できるか、ということになります。
ただ単に「被リンク数を増やす」や「スマホ対応にする」といった、小手先の対策をすることではないことがお分かりいただけるのではないでしょうか?

プルネットのSEO対策

Google検索で検索結果を決めているのは人間ではなく、ロボットです。

いくら人間にとって「質の高いコンテンツ内容」を提供できたとしても、その内容をロボットがそのまま 受け取ることはできません。

そこで重要なのがこの二つの視点です。

人間にとって価値の高い内容であること。
ロボットにとって認識しやすい内容であること。

この二つの視点を意識して、丁寧に内容を組み立てていけば、Googleのアルゴリズムの変更に左右されない 長期的に価値の高いコンテンツになります。

具体的にはこんなことをしています

有効なキーワードの調査・想定


その商品やサービスの本当のターゲットは誰なのか、そして、彼らはどんな悩みをどんなキーワードで検索するのか、長年の経験と多様なツールから抽出した調査結果をもとにご提案いたします。

想定される単語あるいは複合語から、競合が多すぎるキーワードや、逆に検索されていないキーワードを除外し、集客が見込めそうなキーワードでの上位表示を目指します。

キーワードとページ内容の対応付け


先に述べたように、Googleのアルゴリズムでは、ユーザーが求めている内容により合致するであろうページを検索上位に表示させます。そのため、こちらが設定したキーワードと、そのページの内容が一致していなければなりません。

例えば「ホームページ 制作」と検索するユーザーは、「ホームページ制作会社を探したい(誰かに委託したい)」と考えている可能性が高いのに対し、「ホームページ 作成」と検索するユーザーは「ホームページの作り方を知りたい(自分で作りたい)」可能性が高いです。

ホームページ 制作
ホームページ 作成

どんな状況のときに、どんな思いで検索をするのか、
事前にしっかりと想定したうえでコンテンツを組み立て、ページ内容を作っていくことが必要になります。

Googleロボットにわかりやすい構造

プルネットではデザイナーやライター、コーダープログラマーと工程ごとに担当を分けています、それにより各部門で高い専門性を発揮しています。

Web制作会社の中には、一人のデザイナーがデザインからコーディング、システムの設定まで一括して行うところも少なくありませんが、ホームページの内部構造の組み立てには細かな知識が必要です。

ホームページ制作において、デザインやコピーなどは制作者の個性が表れそれが良さでもありますが、設計という面においては、個性や独自のやり方は不要です。

「タグ」という万人共通のWeb制作ルールに則して、Webに関わる人なら誰が見てもわかるような基本的な設計をすることが大切です。

Googleのロボットは、決められたルール通りに組み立てることでしか、そのコンテンツが有益なのかどうか判断できません。
「この記号のあとにページ内で最も重要な言葉がきます」「この記号の次にくる文章が直前の補足説明です」…という風に、 「タグ」を使うことでロボットに知らせることができるのです。

ナチュラルな被リンクの獲得

プルネットでは、あくまでも自然発生的で
質の高い被リンクの獲得にこだわっています。

以前から、Googleのアルゴリズムには、「多くのサイトからリンクが張られている=有益な情報が提供されている」という認識の もと、被リンク数の多いサイトを上位表示させるという傾向があります。これが「検索で上位表示させるには被リンク増が効果的!」だと言われる理由です。

ただし、以前と違い、重要視されているのが、その「質」です。

これまでのSEO対策では「どれだけ多くのリンクを貼るか」その「数」に多くの労力が裂かれていました。公然と粗悪なバックリンクを販売する悪質なSEO対策業者が増え、中身のないサイトや関連性のないブログから大量にリンクを貼る被リンク対策が横行しました。その結果、質が高いとは言えないようなサイトが上位表示してしまい、ユーザーの利便性が大きく低下してしまいました。

Googleはそういった状況を見かねて、現在のアルゴリズムでは、被リンクの数以上に、リンク元サイトの信頼性や、リンク元とリンク先の内容の関連性など、リンクの質を重要視するようになったと言われています。

同言語のサイトからの被リンクを増やす

同言語のサイトからの被リンクを増やす 〇
同言語のサイトからの被リンクを増やす ×

あらゆるサーバーからの被リンクを増やす

あらゆるサーバーからの被リンクを増やす 〇
あらゆるサーバーからの被リンクを増やす ×

そのためには、検索ユーザーにとって役立つコンテンツ内容を提供し、
有益だと感じてもらうことで、ユーザーから自発的にリンク・シェアされ、拡散されていくことこそが、
最も正しい被リンクの獲得方法なのです。

「成果が出る」SEO対策は
PULL-NETにお任せください!!

  • お気軽にご相談ください 電話番号0120-555-777
  • お問い合わせはこちら